力塾オフィシャルサイト

会社概要

チカラジュクエンタテインメントは新しい力を発掘、発展させるレーベルです。

チカラジュクエンタテインメントが今、そして未来永劫残り続けるアーティストや
楽曲を発掘し発信させて行こう!という各レーベル。
ジャンルにはこだわりません!

「きいて・ふれて・みてください」あなたのお気に入りの音楽...みつかるはずです。

詳細 >>

プレイヤー

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

1月終了

アッと言う間に1月が終わります。昨日までのアジアカップはにわかサッカーファン全開で大喜びしてました。(笑)
Jリーグはなかなか見ないのにW杯、アジアカップといった日本代表として戦うサッカーは何故あれだけ熱中出来るのか?大勢の皆さんがそういう立場だと思いますが、やっぱり国民意識が高いんだろうなと思います。スポーツにはその国対国という意識が芽生えやすい環境があります。エンターテイメントの世界は感性を受け入れるところから始まるため国境を超えるという意識になりますが・・・しかし寒さが吹っ飛ぶ試合でした。感動しました。

今年の1月は継続している仕事と新たに始まる仕事を共に精査する時期でした。毎年この時期になると来期の計画で善し悪し含めて様々なことを考える時期ですが、今年はある意味考えていません。というよりも昨年後半から新たな再会と共に始まった仕事、今年はそれを実行する年になると自覚しているからです。今年で音楽業界歴30年になりますが、今さらながらに繋がりから全てが生まれる仕事だと実感する出来事が増えています。どこの業界も変化を求められているからこそ厳しいと感じます。そこからだからこそ始まるストーリーがあることも事実です。好きな仕事をやる以上、そのストーリーがどれだけ生まれるか?生むことが出来るか?追いかけながら追い越されていき、頂上がない分、常に自分がモノサシです。昨年の「トイレの神様」のようなヒット曲が生まれると勇気をもらいます。彼女もデビューから知っていましたが昨年のヒットには明らかに繋がりから始まったストーリーがありました。丁度注目されていく過程を見ることになり、紅白で大ブレークするまでの現実は心から拍手すると共に世代を越えた歌力を感じるヒットになりました。8年前の直太朗の「さくら(独唱)」を思い出しました。
そして今自分が一緒に歩んでいるアーティスト、作品にも感じるものがあります。いつになってもワクワクすることが原点です。サッカーも野球も、映画も音楽も、そこは共通です。感性豊かに過ごしていきます。

2011-01-31 23:33:40投稿者 : cn
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。